ずぼら主婦のおうちキレイ日記

ずぼら主婦が片づけられないを克服すべく頑張る日記です。シンプルだけど居心地の良い、家族が帰ってきたくなるおうちを目指しています。

子どものお気に入り

0~6歳対象ペンでタッチでしゃべる絵本「なまえずかん」が兄妹で取り合いするほど人気

子どもたちに与えるおもちゃってとっても悩みます。買ったのにあんまり遊んでくれないなんてショックですよね。

私も今までに買ったおもちゃで最初は楽しそうにしていたのに・・・というおもちゃがあります。そんなおもちゃはきっと子どもたちにとってときめかないおもちゃなんでしょう。

誕生日やクリスマスなど、自分たち親が買う以外でも私たちの両親からのプレゼントもあり、おもちゃが溢れかえっています。片づけ祭りをしている私としては、このおもちゃたちも対象になります。

子どもたちの興味の薄いものや大きくなって遊ばなくなったおもちゃたちは、ヤフオク!に出品して少しずつ手放しています。出品するのは旦那さんですが、これが旦那さんの+αなお小遣いになっていたりします。いい流れです(笑)

少し話がそれましたが買ってよかったなーと思える子どもたちの食いつきのよかったおもちゃの紹介です。

ペンでタッチで日本語と英語の名前がわかる

1歳半の娘のためにペンでタッチするとしゃべる絵本を買いました。モノを指さして「これー、これー」となまえを聞いてくるのでこれはいいかも!と思い昨年のクリスマスプレゼントとして選びました。

なまえずかんの本とペン

この絵本は、0~6歳までが対象年齢ということで、我が家の娘(1歳半)、息子(4歳)にぴったりです。一応娘にプレゼントということで買ったんですが、娘と息子、使い出したら取り合いになっちゃって大変なくらいです。

二人で楽しむ姿

娘が楽しんでいたところ、息子が奪い取って楽しむの図です・・・。仲良くできないもんかしら。今回は娘が怒らなかったから良かったけど。

ことばえほんのペン

なまえずかんのペンはこんな感じです。結構太いので、子どもがもつとちょっと太すぎて持ちにくい感じです。

1歳半のむすめが遊んでいる

1歳半の娘がペンを持つとこんな感じです。ちょっと頑張って持っている感がかわいいです。

なまえずかんのペンの上

ペンの上の黄色いスイッチを押すとペンが「ぴっこん」という音と共に起動します。

ペンの先

ペン先はこんな感じになっています。なんでこれで絵本をタッチしたら声が出るのか謎ですがすごいですね。

日本語と英語が選べます。

絵本のページの上の方に「日本語」「英語」「クイズ」を選ぶところがあって、これ「にほんご」をタッチすると日本語で、「えいご」をたっちすると英語で名前を言ってくれるようになります。

「クイズ」をタッチするとクイズがスタートします。「○○はどれですか?」のように質問されるので、○○をタッチすると「正解です」と答えてくれます。

子どもがお気に入りのページ

のりもの

子どもたちがいつも好きで見ているページが、↑乗り物のページと楽器のページ↓です。

楽器

なぜこのページが好きなのかというと、乗り物や楽器の音が聞けるからです。

音のマーク

通常は、ピンクの丸の中にペンのマークの部分をペンでタッチすると英語か日本語の名前を言ってくれるんですが、音符のマークのところをタッチするとそのモノの音がでます。

救急車ならピーポーピーポーと音が出て、楽器ならメロディーが流れます。それが楽しいらしく、ふと見るとこのページを開いて遊んでいることが多いです。

その他にもモノのなまえだけでなくいろんなことが分かります。

あいさつ

例えばあいさつ。あさ、ひる、よるの挨拶など、いろんな場面のあいさつが絵を見ながら覚えられるのでとってもいい感じです。

他にも、大きい小さいなどの反対言葉や、いろ、数字、動作の言葉などもありました。絵もかわいいので私もお気に入りです。ちょっと難点なのは、ペンでタッチするところと、絵が小さい頃はどれのことかわかりくいんじゃないかなということと、前にも述べたペンが大きいことです。小さいうちは持ちにくいのでお母さんがタッチしてあげてもいいかもしれませんね。

-子どものお気に入り
-